« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月31日 (火)

アカアシカツオドリ

名前の通り赤い脚をしてるのですが、飛んでいる時は見えないようです。
20160523akaasikatuo
2016.5.22
おがさわら丸北硫黄島沖

こちらは、早朝船のマストに止まっていた幼鳥ですが、確かに脚が赤い。
20160522akaasikatuo

マストに止まって、トビウオなどが飛ぶのを監視している様です。
獲物を発見すると、海に向かってすごい勢いで急降下していきます。
楽ちんエサ取りです。

2016.5.22
おがさわら丸孀婦岩沖


こちらは普通のカツオドリ。目の周りが青いのが雄、雌は青くない。
20160523katuodori
2016.5.22
おがさわら丸母島沖

メグロ

前回、母島に上陸したのは1989年5月でした。
従って、実に27年ぶりの母島でした。
当然、生メグロも27年ぶりです。

20160524meguro
今回、母島に上陸して直ぐに宿に入り、その後の探鳥外出で最初に見た鳥が、宿の近くにいたメグロでした。

写真は、フルーツロードのパパイヤの実を訪れたメグロです。メジロと入れ替わりに訪れていました。前回訪問したころより増えた様に思えます。

2016.5.24
母島

オナガミズナギドリ

小笠原付近で一番多いミズナギドリです。
20160524onaganagi

2016.5.24
おがさわら丸父島沖

2016年5月30日 (月)

アナドリ

一見ウミツバメの仲間の様ですが、ミズナギドリ科の鳥です。
20160525anadori
翼の薄茶色の班が特徴ですが、遠くからはあまり目立ちません。
名前の由来は、地中の穴で繁殖することからでしょうか?

2016.5.25
ははじま丸父島沖

アカオネッタイチョウ

もう少し南に行かないと見られないと思っていましたが、父島の手前の聟島付近で「おがさわら丸」のすぐそばを飛んでくれました。
20160522akaonettaichou

2016.5.22
おがさわら丸聟島沖

2016年5月18日 (水)

サンコウチョウ♂

サンコウチョウの季節がやってきました。
20160518sankouchou
巣材を運んでいる様子が見られました。
この付近で営巣するようです。

2016.5.18
神奈川県

2016年5月11日 (水)

カルガモ親子

今年もカルガモ親子が見られる季節になりました。
カルガモ親子

東高根森林公園
2016.5.10

2016年5月 7日 (土)

志津川湾の朝焼け

南三陸町 志津川湾の夜明けです。
志津川湾の朝焼け

2011年3月11日 高さ20m近くの大津波がこの湾を襲いました。
志津川湾の朝焼け

穏やかな海面からは想像は難しいですが、被災した防災対策庁舎跡などが現実に起こったことを伝えています。
志津川湾の朝焼け
2度目の訪問でしたが、現在嵩上げ工事の影響で、防災対策庁舎跡には近づけません。少し離れた所に献花台があり、ここで合掌しました。

南三陸町だけで、1000人以上の死者・行方不明者が出ました。防災対策庁舎で最後まで避難の呼びかけを続けた町職員の遠藤未希さんや課長補佐の方は、未だに行方不明とのことです。

2016.5.6
宮城県南三陸町志津川

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »