2020年6月26日 (金)

ママコナ(ゴマノハグサ科ママコナ属)

見た目、シソ科かと思いましたがゴマノハグサ科とのこと。
Vq5a8931a
名前の由来は、下唇にある二つの白い斑を米粒(飯子)に見立てたとの説が有力です。イネ科などに寄生する半寄生植物とのことで、寄生しない場合は、全体が小さくなる様です。

Wikiよれば、神奈川県では絶命したとありますが、こちらでは割りに普通にあるようです。高山植物としては、花色が赤紫で白い下唇に薄黄色い米粒のミヤマママコナ、花色が白く米粒が黄色のタカネママコナがあります。

那須町
2020.6.23

ミヤマママコナ
Dsc00419a
雨飾山
2017.9.10

2018年10月30日 (火)

ボルネオの植物2018

2018.9.20~25

ラフレシア・ケイテイ@ポーリン温泉付近
20180921

ビロードウツボ@キナバル山2750m付近
20180922

プリカティッシマ・セロジネ@キナバル山2170m付近
20180922sp_2

ローウィ・シャクナゲ@キナバル山2550m付近
20180922_2

ボルネオの植物2018

ボルネオの植物2015

2018年9月 8日 (土)

南アルプスの高山植物(4/4)

シコタンハコベ(シコタンハコベ) 千枚岳付近
20180828sikotanhakobe

トウヤクリンドウ(リンドウ科リンドウ属) 千枚岳付近
20180828touyakurindou

シラネヒゴタイ(キク科トウヒレン属) 千枚岳付近
20180828siranehigotai

キタダケヨモギ(キク科ヨモギ属) 千枚岳付近
20180828kiyodakeyomogi

タカネビランジ(ナデシコ科マンテマ属) 千枚岳付近
20180828takanebiranji

トモエシオガマ(マノハグサ科シオガマギク属) 千枚尾根
20180828tomoesiogama

ヤナギラン(アカバナ科ヤナギラン属) 千枚小屋付近
20180828yamagiran

キオン(キク科キオン属) 千枚小屋付近
20180828kion

カンチコウゾリナ(キク科 コウゾリナ属) 千枚小屋付近
20180828kantikouzorina

ゴゼンタチバナ(ミズキ科ミズキ属) 千枚尾根
20180829gozentatibana

2018年9月 5日 (水)

南アルプスの高山植物(3/4)

イワインチン(キク科キク属) 荒川小屋周辺 2018.8.27
20180827iwaintin

シナノオトギリ(オトギリソウ科オトギリソウ属) 荒川小屋周辺 2018.8.27
20180828shinanootogiro

ネバリノギラン(キンコウカ科ソクシンラン属) 荒川中岳お花畑 2018.8.28
20180828nebarinogiran

タカネトウウチソウ(バラ科ワレモコウ属) 荒川中岳お花畑 2018.8.28
20180828takanetouutisou

チシマギキョウ(キキョウ科ホタルブクロ属) 荒川中岳お花畑 2018.8.28
20180828tisimagikyou

ミヤマコウゾリナ(キク科ヤナギタンポポ属) 荒川中岳お花畑 2018.8.28
20180828miyamakouzorina

イワベンケイ(ベンケイソウ科イワベンケイ属) 荒川中岳お花畑 2018.8.28
20180828iwabenkei

ミネウスユキソウ(キク科ウスユキソウ属) 荒川中岳お花畑 2018.8.28
20180828mineusuyukisou

タカネナデシコ(ナデシコ科ナデシコ属) 悪沢岳 2018.8.28
20180828takanenadesiko

イブキジャコウソウ(シソ科イブキジャコウソウ属) 悪沢岳 2018.8.28
20180828miyamajakousou

2018年9月 3日 (月)

南アルプスの高山植物(2/4)

ミヤマアキノキリンソウ(キク科アキノキリンソウ属) 大倉尾根2700m 2018.8.27
20180827miyamaakinokirinsou

ミヤマダイコンソウ(バラ科ダイコンソウ属) 大倉尾根2700m 2018.8.27
20180827miyamadaikonsou

タカネマツムシソウ(マツムシソウ科マツムシソウ属) 大倉尾根2700m 2018.8.27
20180827takanematumusisou

ハクサンフウロ(フウロソウ科フウロソウ属) 大倉尾根2700m 2018.8.27
20180827hakusanfuuro_3

コバノコゴメグサ(ゴマノハグサ科コゴメグサ属)大倉尾根2800m 2018.8.27
20180827kobanokogomegusa

イワツメクサ(ナデシコ科ハコベ属) 大倉尾根2800m 2018.8.27
20180827iwatumekusa

チングルマ(バラ科ダイコンソウ属) 大倉尾根2900m 2018.8.27
20180827tinguruma

ddddd

2018年9月 2日 (日)

南アルプスの高山植物(1/4)

セリバシオガマ(ハマウツボ科シオガマギク属) 大倉尾根2260m 2018.8.26
20180826seribasiogama

カニコウモリ(キク科コウモリソウ属) 大倉尾根2350m 2018.8.26
20180826kanikoumori

サラシナショウマ(キンポウゲ科サラシナショウマ属) 大倉尾根2380m 2018.8.26
20180826sarasinashouma

ホソバトリカブト(キンポウゲ科トリカブト属) 大倉尾根2380m 2018.8.26
20180826hosobatorikabuto

ミヤマシャジン(キキョウ科ツリガネニンジン属) 大倉尾根2700m 2018.8.27
20180827miyamashajin

センジョウアザミ(キク科アザミ属) 大倉尾根2700m 2018.8.27
20180827senjouazami

オヤマリンドウ(リンドウ科リンドウ属) 大倉尾根2700m 2018.8.27
20180827oyamarindou

ミヤマダイモンジソウ(ユキノシタ科ユキノシタ属) 大倉尾根2700m 2018.8.27
20180827miyamadaimonjisou

コウメバチソウ(ニシキギ科ウメバチソウ属) 大倉尾根2700m 2018.8.27
20180827koumebatisou

ミソガワソウ(シソ科イヌハッカ属) 大倉尾根2700m 2018.8.27
20180827misogawasou

2018年5月25日 (金)

セイヨウヒキヨモギ

あまり見かけない黄色い花に出会いました。
20180522seiyouhikiyomogi
ゴマノハグサ科の様ですが、その場では判らず。
帰って手元の図鑑(野に咲く花、山に咲く花)で調べても、載っていないようです。

ネットで調べてセイヨウヒキヨモギにたどり着きました。
外来種で最近増えているとのことです。
日本には、同じゴマノハグサ科にヒキヨモギという在来種があります。
新浦安
2018.5.22

2017年8月31日 (木)

岩木山の草花

ミチノクコザクラ
20170816mitinokusakurasou

シロバナミチノクコザクラ
20170816sirobanamitinokusakurasou

オオバミゾホオズキ
20170816oobamizohouzuki

オオバキスミレ
20170816oobakisumire

岩木山百沢コース
2017.8.16   










2017年8月22日 (火)

ミヤマイラクサ 奥入瀬渓流

ミヤマイラクサの花のようです。
201708141miyamairakusa

こんな渓流のすぐわきに生えています。
201708142oirase

2017.8.14
奥入瀬渓流

2017年2月21日 (火)

蒲生の大楠

九州旅行の途中に「蒲生の大楠」に立寄りました。
環境省の調査で日本一の巨樹とされるクスノキです。
20170216kamouookusu1
鹿児島県姶良市蒲生町(あいらしかもうちょう)の蒲生八幡神社の境内にあります。
20170216kamouookusu2
推定樹齢1500年、樹高30m、根廻り33m、目通り幹廻り24mとのことです。
20170216kamouookusu3

直径は約8mになります。
根元に扉があり、小人が住んでいる様です。
2017.2.16

より以前の記事一覧