2018年10月18日 (木)

ボルネオの野鳥2018

2018年9月20~25日 ボルネオ島コタキナバル~キナバル山

ササゴイ@リカス・ラグーン
0622kk

ムラサキサギ@リカス・ラグーン
0642kk

アジアヘビウ@リカス・ラグーン
0788kk

クロハラアジサシ@リカス・ラグーン
1364kk

クロジュウイチ@キナバルパーク
1563kp_2

ベニサンショウクイ@キナバルオパーク
2201kp

ハイイロオウチュウ@キナバルパーク
2322kp

カンムリオウチュウ@キナバルパーク
2324kp

チャガシラガビチョウ@キナバルパーク
2702kp_2

タイワンツグミ@キナバルトレール
2862kp

アイイロヒタキ@キナバルパーク
2961kp

ボルネオの野鳥2018
https://opa.cig2.imagegateway.net/s/cp/album/cover/DwFnVhD7kFy

ボルネオの野鳥2015
https://opa.cig2.imagegateway.net/s/album/cover/HkQiMENU4ve

2018年10月 5日 (金)

ライチョウ@火打山

ライチョウ親子
20181002raichou

母親は白い石の上で回りを監視中
20181002raichou2

火打山@新潟
2018.10.2

 

2018年9月29日 (土)

オオグンカンドリ

オオグンカンドリ
20180928oogunkan0

20180928oogunkan

20180928oogunkan2

20180928oogunkan3

20180928oogunkan4

2018年8月31日 (金)

イワヒバリ幼羽

南アルプスの赤石岳~悪沢岳と縦走してきました。
あまり野鳥はいませんでした、赤石岳の山頂付近にイワヒバリが群れていました。

今年生まれの幼鳥のようです。
20180827iwahibari

2018.8.27
赤石岳山頂

2018年7月13日 (金)

小笠原航路・硫黄島クルーズの海鳥

オオミズナギドリ
Vq5a3855

オナガミズナギドリ
Vq5a5367

Vq5a3969

Vq5a4147

アナドリ
Vq5a3975

Vq5a4703_2

Dsc05288_2

オオシロハラミズナギドリ(亜種クビワオオシロハラミズナギドリ)
Vq5a4024

Vq5a4029

シロハラミズナギドリ
Vq5a4629_2

セグロミズナギドリ
Vq5a4658

クロアジサシ
Vq5a4719

シロアジサシ
Vq5a4538

アカオネッタイチョウ
Vq5a4916

シラオネッタイチョウ
Vq5a4922

カツオドリ
Vq5a5081

アカアシカツオドリ
Vq5a4492

コシジロウミツバメ
Vq5a5533

2018年6月26日 (火)

コルリなのだ

普段は藪の中に居るコルリですが、警戒音を出しながら枝の上に飛んできました。
近くにテンが居り、威嚇していたようです。
有料道路のすぐ脇ですが、この近くで繁殖しているのかもしれません。

20180624koruri
この付近、100m程毎に別のコルリが鳴いており、コルリ密度がすごく高い様です。
ただし、見れてたのはこの時だけでした。

日塩もみじライン
2018.6.24

2018年6月 4日 (月)

森戸川

オオルリ♂
20180601ooruri

サンコウチョウ♂
20180601sankou1

20180601sankou2

20180601sankou3_2

2018.6.1

2018年5月29日 (火)

サンコウチョウ♀

キビタキのさえずりに混じって「ホイホイホイ」と聞こえて来ました。しばらく待っていると、運よく目の前の枝にとまりました。
20180528sankouchou
一瞬で飛んで行ってしまい、設定を直す暇もなく、シャッター1回の証拠写真に終わりました。尾が短く、青いアイリングも目立たないので、♀では無いかと思います。

さえずりは、一般的には♂が縄張り宣言や♀を呼ぶためとされており、♀がさえずる種は珍しいようです。頭の「ツキヒホシ(月日星)」がはっきりしない鳴き方でした。時々「ゲッ」とサンコウチョウ独特の鳴声も聞こえました。

東高根森林公園
2018.5.27

2018年5月25日 (金)

キョウジョシギ

漢字では「京女鴫」と書きますが、美しい羽衣を京女の例えたとか。
20180522kyoujosigi2
 
飛んだら更に綺麗です。
20180522kyoujosigi

なお、先頭から2羽目はトウネンですね。

新浦安
2018.5.22

2018年5月15日 (火)

ヒメコンドル 篭脱け?

トビと同じくらい大きさですが、翼の幅が広く、尾羽が短く見えます。
南北アメリカの留鳥ですから、篭脱けと思われます。

20180514himecon2

しかし、足環はありません。
20180514himecon

コジュリン公園
2018.5.14

より以前の記事一覧