2017年2月28日 (火)

アカハジロ♂(ハイブリッド?)

アカハジロ♂に酷似していますが、ハイブリッドではと言われています。

日中のほとんどの時間を寝て過ごしているようです。
20170228akahajiro0
胸は赤褐色、頭部は緑光沢があり頭頂部に僅かに赤みがあります。

アカハジロは虹彩が白とのことですが、この子は僅かに黄色みがあるようです。

突然起きだして移動を始めました。
20170228akahajiro1
アカハジロ♂の特徴である脇腹の波状斑もあまりはっきりしません。
真っ白の下尾筒が目立ちます。

一度だけ羽ばたきをしてくれました。
20170228akahajiro2
風切り羽には太い白帯があります。
初列風切りの白帯には僅かに褐色が入っています。
2017.2.28
浮間公園

2017年2月24日 (金)

鹿児島別府川河口の鳥たち

クロツラヘラサギ
20170216kuroturaherasagi

20170216kuroturahishou

ツクシガモ
20170216tukusigamo

タシギ
20170216tasigi

2017.2.16
(姶良市別府川河口)

2017年2月23日 (木)

出水のツル達

鹿児島県出水平野には、毎年1万羽以上の鶴が越冬のためにやってきます。
ツル観察センター前の農道には毎朝給餌がされるため、ツル達が集まってきます。
20170217kansatucenter
1月末頃より北帰行が始まっており、徐々に数を減らしているはずですが、それでもこんな状況です。ナベヅルが一番多くて、少し大き目のマナヅルが混じります。(アオサギも混じっています)

ほとんどがこのナベヅルで、干拓地全体で1万羽以上居るようです。
20170217nabeduru1

ナベヅルの飛翔
20170217nabeduru2

マナヅルは200羽程ですが、ナベヅルより少し大きいので、簡単に探し出せます。
20170217manaduru1

マナヅル飛翔
20170217manaduru2

少し離れた東干拓にもツル達が集まっています。ここも毎朝、給餌されており、農道に餌が残っています。穀類を撒いているようです。
ツルの群れの一番前にカナダヅルが4羽いました。20170217higasikantaku

カナダヅルはナベヅルとほぼ同じ大きさで、全身が灰色です。
20170217kanadaduru

カナダヅルの伸び
20170217kanadaduru2

東干拓のツルの群れの一番奥にクロヅルが居ましたが、かなり距離があります。
20170217kuroduru1

クロヅルの若鳥も一緒でした。
20170217kuroduru2

2017.2.16-17
(鹿児島県出水市 出水平野)

2017年1月30日 (月)

トラツグミ

今シーズン初撮りでした。
20170130toratugumi
一眼は電池切れで、コンデジのズームMAXで撮影。

皇居外苑
(2017.1.30)

2017年1月24日 (火)

アネハヅル

関東では珍しいアネハヅル
20170124anehaduru
つくばみらい市
(2017.1.24)

2017年1月 9日 (月)

コウノトリのきずな君

千葉県野田市のこうのとりの里から放鳥された1羽きずな君が新潟に来ていました。

20171231kounotori
新潟市佐潟
(2016.12.31)

2016年11月12日 (土)

ケツアール

332g5
サンヘラルド、コスタリカ

2016.10.26

2016年11月 2日 (水)

モリムシクイ

ソメイヨシノの枝の中を飛び回っていました。
20161102morimusikui
2016.11.2
埼玉県

2016年9月13日 (火)

オニアジサシ

葛西臨海公園にて

20160912oniajisasi

20160912oniajisasi2
2016.9.12

2016年9月12日 (月)

ハチクマ

白樺峠にて
20160910hachikuma
2016.9.10

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー