2020年7月 1日 (水)

キビタキ雛

ここ2か月ほど、家の近くでキビタキ♂が1日中さえずっていましたが、急にさえずりが聞けなくなりました。代わりに「ぴゅるぴゅる・・・」と小さく鳴いています。
その傍を見ると、雛がいました。これはキビタキの巣立ち雛でしょう。
Vq5a9223

翼を震わせて餌をねだっています。
Vq5a9226
何羽か居たのでしょうが、他は確認できませんでした。

那須町
2020.6.29

2020年6月23日 (火)

サシバ♀

猛禽の種類も個体数も多い地域でしたが、なかでもサシバが一番多い感じでした。
Vq5a8913a

上と同じ個体。眉斑が目立つので、雌の様です。
Vq5a8918
只見町
2020.6.22

ハチクマ♀

かなり低空を飛んでくれました。
Vq5a8882
中間型♀のようです。

只見町
2020.6.21

2020年6月15日 (月)

ホトトギス

この季節、鳴き声は良く聞くのですが、なかなか姿を見ることが出来ない鳥の代表がホトトギスでしょうか?
展望台で景色を楽しんでいると、突然近くを鳴きながら飛んでくれましたが、カメラが間に合いません。
後ろ姿気味のところが辛うじて撮れました。
Vq5a8799
矢板市
2020.6.15

オオタカ雛

5月30日 巣の中に白い雛を発見
アカマツの上にある巣の存在は知っていましたが、使われていない古い巣だろうと思っていました。この日、散策の折に覗いてみると、なんと白い雛の頭が見えました。ノスリかな?とその時は思って、そっと後にしました。
Vq5a8326

6月2日 巣に雛2羽、オオタカ成鳥を確認
3日後に、巣が気になって見に行くと、何と巣の中に親鳥と少し成長した雛と頭の白い雛(右端)が見えました。 
Vq5a8352  

6月14日 雛2羽が大きくなっています。
久々に見に行くと、雛は大分大きくなっていました。お兄ちゃん(おねいちゃん)は大分茶色くなってきました。弟(妹)も少し大きくなりました。どちらも餌を貰えているようです。オオタカの繁殖では、2羽以上が無事巣立ちできることは珍しいと言われますが、どちらも元気に育って欲しいものです。孵化から40日前後、6月末頃巣立ちすることが多いそうです。それまで、遠くから見守ります。
Vq5a8753

6月20日 雛は3羽でした。
3羽の内、2羽は既に巣立ちしています。3兄弟ともに無事に餌をもらえているようで、幼鳥の羽衣となりつつあります。
Vq5a8856a

6月25日 雛は2羽しか確認できません。
2羽が巣の中に居ましたが、もう1羽が確認出来ません。1羽は巣立ちして、近くの枝に居るのか?或いは末っ子が何か事故があったのか?
Vq5a8977a

6月29日
巣のすぐ上に1羽の幼鳥を確認しました。巣立ち雛というより、既にりっぱな幼鳥です。
巣の中や近くには、他の個体を確認できませんでした。最後の巣立ちなのか?
3羽が無事に巣立ったのか、2羽だったのか?結局確認出来ませんでした。
Vq5a9231a

キーキーと鳴きながら飛んで近くの枝に止まりなおしました。
巣からは遠く離れないようです。まだ親からの餌を待っているのでしょうか?
Vq5a9242a

那須町

2020年6月11日 (木)

マミジロ

初撮でした。
Vq5a8662
2020.6.8
鍋割山

2020年5月 7日 (木)

アオゲラ♂

Vq5a7900
那須町(我が家の部屋から)
2020.5.4

2020年4月18日 (土)

キセキレイ♂夏羽

Vq5a7748
八溝山
2020.4.15

2020年4月 7日 (火)

ミズカキチドリ

Vq5a4094a
Semipalmated Plover(Charadrius semipalmatus)
@Los Flamencos,Colombia

日本では2006年11月に初認された超珍鳥です。
ハジロコチドリそっくりですが、足の内側に小さな水搔きがあるのが特徴です。
フィールドで確認するのは難しそうです。

 

2020年3月13日 (金)

トモエガモ♂

久々に間近で見る事ができました。
Vq5a7250a
オナガガモなどと一緒に餌を奪い合っていました。

2020.3.7
見沼区

より以前の記事一覧