« 多摩川河口(07/7/9) | トップページ | 可哀想なコアジサシ達(多摩川河口) »

2007年7月 9日 (月)

シロチドリ親子(チドリ科、多摩川河口07/7/9)

昨年の夏にクロハラアジサシ、ベニアジサシ等の何種類ものアジサシ類やツバメチドリが見られた「いすゞ自動車」の跡地は、今は広い広い駐車場になっています(羽田空港の神奈川口構想の予定地のようです)。一部空地が残っていますが、昨年の面影はありません。

代わりに、河口から少し離れたホームセンター予定地にコアジサシ、コチドリ、シロチドリが営巣しています。フェンスに囲まれて人が入れないため、彼らにとっては安全地帯なのでしょう。でも、来年には建物が建って、ここでは営巣できないでしょう。

コアジサシ、コチドリが道路から数10メートル離れて抱卵したり、雛に餌を与えたりする姿が見られましたが、何故かシロチドリ親子が道路から2,3メートルのところまで寄って来ます。雛が道路に近づき過ぎると、親が「ヒッ、ヒッ」と鳴いて雛を呼び戻します。

雛はとっても小さい(2cmほど)ですが、その割りに脚が長いですね。チョット羨ましい。

20070709

« 多摩川河口(07/7/9) | トップページ | 可哀想なコアジサシ達(多摩川河口) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 多摩川河口(07/7/9) | トップページ | 可哀想なコアジサシ達(多摩川河口) »