« シロハラ(ツグミ科、生田緑地08/1/16) | トップページ | 水元公園(08/1/22) »

2008年1月21日 (月)

コノドジロムシクイ(ウグイス科、東京都08/1/21)

記憶に無い名前の鳥でしたが、最近の図鑑を見ると載っていました。ウグイス科の鳥で、ウグイスと同じように葦の間から時折姿を見せてくれます。

全長はウグイスより少し小さい13cm、喉から下尾筒まで白く、地味ですがウグイスより可愛いです。ユーラシア大陸の鳥ですが、何を思ったか、稀に日本までやってきます。越冬ために南下する折、チョット方角を間違えたのかも。
もちろん初見、初撮です。
20080121_2
















下尾筒は少し褐色味があるようです。
20080121a_2





« シロハラ(ツグミ科、生田緑地08/1/16) | トップページ | 水元公園(08/1/22) »

コメント

ウグイス科はたいてい地味なのでしょうかね。
でも白っぽ部分も多くてかわいいですね。
ウグイスのような動きをするのですか?
あのような地鳴きはするのでしょうか。

あみさん こんにちは。
少し丸っこいところがまた可愛いですね。
動きはウグイスと同じように葦の茎から茎へと移動していきます。
でも時々地面にも下りますし、樹木の枝にも止まります。この辺りは、ウグイスと少し違いますね。
地鳴きもウグイスはジャッ、ジャッと濁った声ですが、この子はチャッ、チャッと少し澄んだ声でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シロハラ(ツグミ科、生田緑地08/1/16) | トップページ | 水元公園(08/1/22) »