« イカリソウとトモ君の行方 | トップページ | 三番瀬(08/4/11) »

2008年4月10日 (木)

紫の花と水浴びをする鳥

園内は鳥の気配は少なく、ヒヨドリの声だけが聞こえてきます。

この時期、紫の花が多いような気がします。
20080409genge田圃のそばにゲンゲ(マメ科)が咲いています。標準和名はゲンゲですが、一般にはレンゲ(蓮華)またはレンゲソウと呼ばれます。

私の故郷では昔、春になると田圃が一面レンゲの花に覆われていたのを思い出します。
その頃は、あまり花を愛でる気持ちは無くて、友達とレンゲの花の中を走り回って踏み潰していたような気がします。

もうひとつ、この時期に目だつ紫の花。
20080409murasakikemanムラサキケマン(ケシ科)です。大分前から咲いているので、そろそろ終盤でしょうか?

写真を撮っていると、近くの水の流れの中からバシャバシャと音が聞こえてきました。
大き目の鳥が水浴びをしているようです。
20080409sirohara枝の隙間から辛うじて見えます。最初はキジバトかと思いましたが、良く見ると上面が模様の無い茶褐色。シロハラのようです。

外側尾羽の白斑が目だちます。これはシロハラの特徴ですが、いつも林床で枯葉を巻き上げているばかりで、開いた尾羽は滅多に見れないような気がします。

その他園内では、アオジ、ホオジロ、アオゲラ、シジュウカラ、コゲラ、シメ、ツバメなどを確認。
夏鳥の本格的な渡来はもう少し先のようですが、オオルリやキビタキが見れるのが楽しみです。

帰りにトモ君の様子を見に行きましたが、姿は見えません。
昨日から見かけられていないようです。

生田緑地公園
(2008.4.9)

« イカリソウとトモ君の行方 | トップページ | 三番瀬(08/4/11) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イカリソウとトモ君の行方 | トップページ | 三番瀬(08/4/11) »