« イカルチドリ(チドリ科、相模川08/4/6) | トップページ | イカリソウとトモ君の行方 »

2008年4月 7日 (月)

ゴカイの災難

10羽程のメダイチドリの群が干潟に出来た水溜りで採食中です。
少し歩いては立ち止まり水中を見つめます。
20080407medai0

エサを見つけると素早く寄って捕まえると、ゆっくりと引っ張り出します。20080407medai1_3
ゴカイでしょうか、自分の身長以上に伸びます。身体を反らして、最後まで切れないように慎重に引っ張ります。

ゴカイからすれば突然の災難ですが、メダイチドリにとっては最高のご馳走のようです。
20080407medai2_2ようやく抜けました。
この後は目にも止まらぬ速さでスルッと飲み込みます。

20080407daizenダイゼンも同じ水溜りでゴカイ捕りに余念がありません。
僅かにお腹が黒くなってきているようです。


干潟には、他にダイシャクシギ、ハマシギ、ミユビシギ、シロチドリ程度で、まだ旅鳥のシギチの数は少ないようです。

海面にはカワウの大群、スズガモ、ヒドリガモ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリなどを確認。

写真を撮っていると、予報通り10時過ぎには小雨が降ってきました。だんだんと雨足が強くなって来て土砂降り状態に。雨宿りをして小雨になるのを待って、早々に引き揚げました。



三番瀬
(2008.4.7)

« イカルチドリ(チドリ科、相模川08/4/6) | トップページ | イカリソウとトモ君の行方 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イカルチドリ(チドリ科、相模川08/4/6) | トップページ | イカリソウとトモ君の行方 »