« アカショウビン(カワセミ科、新潟県08/6/2) | トップページ | 落とし文 »

2008年6月 3日 (火)

オオルリ♂(ヒタキ科、奥胎内08/6/2)

キビタキのさえずりは、何処にいても聞こえてきます。個体数は非常に多いようですが、姿は一向に見えません。藪の中や緑濃い森の中でさえずっているようです。

一方、オオルリは数は少ないものの枝先に出てきて、嘴を思いっきり開けて、美しいさえずりを聞かせてくれます。
20080602ooruri

« アカショウビン(カワセミ科、新潟県08/6/2) | トップページ | 落とし文 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アカショウビン(カワセミ科、新潟県08/6/2) | トップページ | 落とし文 »