« スズガモの集団現る | トップページ | 蓮池のカイツブリ »

2008年10月22日 (水)

コノシメトンボ(トンボ科)

公園の噴水プールでホバリングを繰り返していましたが、疲れたのか、時々プールの縁の石の上で休憩です。20081022konosime
着地するとゆっくりと脚を伸ばして石に身体を密着させます。石は陽が当たって暖まっているので、身体を温めているのかもしれません。

翅の先が茶色で、胸まで赤くなっているので、コノシメトンボでしょう。鼻の先や複眼まで赤くなっているようです。

ホバリングしているそばにメスが近付くと、凄い勢いで追っかけ回します。上手く結ばれたのか、タンデムになってそのプールで産卵しているカップルも見られました。


生田緑地公園
(2008.10.22)

« スズガモの集団現る | トップページ | 蓮池のカイツブリ »

コメント

カマキリのあの場面の公園名、書き忘れていました。
東高根ですよ。
まだまだ見られるかもしれません!

今BSで、パンタナールのことを放送していますが、
見ながら、こんなすごい所をbluetailさんは訪れたのだなと、感動しきりです。

amieさん こんばんは♪
東高根でしたか?最近行かれたんですね。
天気が回復したら行ってみます。
昨年のトモエくん、10月末に来てくれたので、
今年も来てくれないかなと、期待しています。

パンタナール、私も思い出しながら見ています。
また行きたいな~と!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スズガモの集団現る | トップページ | 蓮池のカイツブリ »