« シラキトビナナフシの飛行実験 | トップページ | コノシメトンボ(トンボ科) »

2008年10月17日 (金)

スズガモの集団現る

遥か沖合いに黒い横線が見えました。
早速スコープで覗くと、黒い粒々の集団でした。
20081015suzuスズガモの集団のようです。1000羽以上いるでしょう。北の国から渡ってきたばかりのようです。

岸に近いところには越夏組と思われるスズガモが30羽程集まっていました。東京湾では、真冬になれば万単位で見られるスズガモですが、これからは日々増えていくでしょう。いよいよ冬ガモシーズン到来ですね。


葛西臨海公園
(2008.10.15)

« シラキトビナナフシの飛行実験 | トップページ | コノシメトンボ(トンボ科) »

コメント

bluetailさん、こんばんは。
これは凄いですね。
鳥の数もさることながら上手い具合に帯状になっているのが何ともまた。
少しずつカモの季節が近づいてきましたね。

まるかわさん こんばんは!
スズガモさん達は、まだ静岡には達していないでしょうか?
だんだんと寒くなるのは苦手ですが、冬ガモ達が戻ってくるのは、この時期の楽しみの一つですね。

bluetailさん、こんばんは。
うーん、自分が行ったフィールドではスズガモはまだ見ていないですね。
ヒドリガモが一番多いです。
これから種類も増えてくるので楽しみです。

こんにちは♪
凄いですね~!
どうしてこのように一列?になるのでしょう、前へ習えでしょうか^^
今日の記事に「シラキトビナナフシの飛行実験」をリンクさせていただきました。
事後承諾になってしまいましたが、よろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シラキトビナナフシの飛行実験 | トップページ | コノシメトンボ(トンボ科) »