« 秋ヶ瀬公園・彩湖(08/12/16) | トップページ | 三番瀬(08/12/18) »

2008年12月17日 (水)

アトリとハンノキ

彩湖のほとりにある林には、ハンノキが所々に植えられています。
その実を狙ってアトリ達が集まっていました。
20081216atriこの時期、ハンノキはすっかり葉を落していますが、楕円形の種と細長い雄花の両方が残っています。アトリ達はこの種を盛んに食べているようです。人が近付いても食べるのに一生懸命で、あまり警戒心がないようです。

ハンノキノの種は、マヒワなどの小鳥達の冬場の貴重な食料です。


彩湖
(2008.12.16)

« 秋ヶ瀬公園・彩湖(08/12/16) | トップページ | 三番瀬(08/12/18) »

コメント

わ~アトリだ!なるほど、ハンノキに良くいるのですね。この実の形覚えておかねきゃ。
私も夕方頃彩湖にいきましたが、広いですね~。
その割に鳥が少なくて、私がみた限りではカモはカルガモしか確認できなかったです。

杉子さん こんばんは♪

アトリは他にも色んな実を食べているようです。
でも実を付けたハンノキの下で待っていたら、
色んな鳥達に出会えるかも?

彩湖は兎に角広いので、湖の端から眺めても
なかなか遠くのカモ達は見えないですよね。
足で稼がないといけませんが、半周するだけで
鳥見しながらですが、3時間も掛かってしまいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋ヶ瀬公園・彩湖(08/12/16) | トップページ | 三番瀬(08/12/18) »