« 冬の名残? | トップページ | 小さくてもハナイカダ »

2009年4月 1日 (水)

樹登りが得意な木走

オオマシコを待っていると、少し離れたミズナラの幹にキバシリ(木走)が来てくれました。
20090331kibasiriキバシリは幹の周りをらせん状に回りながら上に登っていくことが多いので、写真に撮るのが難しい野鳥の1つだと思います。しかし今日は何を思ったか、まっすぐ上に登ってくれたので、撮ることが出来ました。

キバシリはキバシリ科の鳥です。キバシリ科の鳥は世界に6種いるそうですが、日本にはこのキバシリ1種のみです。ゴジュウカラのようなキツツキのような、ちょっと神秘的な鳥です。


山梨県
(2009.3.31)

« 冬の名残? | トップページ | 小さくてもハナイカダ »

コメント

お邪魔します。
文字通り木を走る姿ですね。
いろんな鳥を探しに行きたいのですが朝の一時間しか自由が無い身なのでうらやましい限りです。

囲竹士さん こんにちは!
朝の一時間しかないのにすばらしい写真を数多く撮っていますね。周りの環境が良いんでしょね。
こちらではポイントを往復するだけで終わっていまいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬の名残? | トップページ | 小さくてもハナイカダ »