« 近所の公園の植物 | トップページ | 墨流蝶 »

2009年6月10日 (水)

海のアオバト

湘南の海岸にアオバト達が海水を飲みに来ることで有名な場所があります。小田原に用があったので、途中その海岸に寄ってみました。
20090610aobatoしばらく待つと数羽から数十羽の群で岩場にやってきますが、岩場の上空を回ってなかなか着地しません。着地しても直ぐに飛び立ちます。


照ヶ崎
(2009.6.10)

« 近所の公園の植物 | トップページ | 墨流蝶 »

コメント

はじめまして、いつもここでアオバトを観察しているaobatokunと申します。

ここのアオバトたちは磯におりている時間はいつも短いものです。1分も降りていないときが多いですね。

ただ、条件によっても違いますよ。
数は少ないほうが案外長く止まっていたりします。

満潮で波が高いときなどは波の関係で止まる時間は短いです。山にいる鳥ですので、波がちょっとでもかぶってしまうとすぐに飛んでしまいます。

このあたりのことを頭にいれて、じっくり待てばしっかり見ることも写真を撮ることができます。何度も何度もたくさん来ますので、短い時間でも大丈夫ですが、やはりじっくり待つのが一番です。

aobatokunさん こんにちは!
確かに何度も来てくれましたが、沖合いの岩場の辺りを廻って奥の岩場に降りることが多いですね。
この日は時間が無かったので、短時間の観察でした。以前は砂浜のすぐ先の岩場にも降りてくれたこともありましたが、この日は遠いところばかりでした。また機会があったら行って見たいと思います。

コガモのエクリプスの写真が載っていますが(谷津干潟で撮影07年9月28日)これはメスです。嘴の基部がオレンジ色をしているのはメスの特徴だからです。エクリプスは幼鳥も成鳥と同じように、嘴の色は真っ黒です。

コガモのご指摘ありがとうございます。
たしかに僅かですがオレンジ色があるように見えますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 近所の公園の植物 | トップページ | 墨流蝶 »