« ハゴロモ親子 | トップページ | 幸せを呼ぶ?青い蜂 »

2009年7月26日 (日)

真夏の秋の渡り

今日は本当に暑かったのですが、干潟へ秋の渡りのシギチを見に出かけました。繁殖地から越冬地に戻る渡りを「秋の渡り」といいますが、シギチの渡りは7月には始まり、最盛期は真夏の8月中旬頃ではないかと思います。

今日一番数の多かったのがメダイチドリです。
20090726medai左右に走りながらゴカイを見つけては引っ張り出して、スルッと食べてしまいます。

オオメダイチドリも居ました。
20090726oomedai手前のメダイに比べて背が高く、一回り大きく見えます。嘴もかなり大きく見えます。

オオソリハシシギは5羽程の群でやってきました。
20090726oosori周りは小さいシギチだけなので、広い干潟の中でも存在感があります。


他には、シロチドリ、トウネン、キョウジョシギ、キアシシギ、ソリハシシギ、コアジサシ、ウミネコ、セグロカモメ、ハジロカイツブリ、カンムリカイツブリなど。


三番瀬
(2009.7.26)

« ハゴロモ親子 | トップページ | 幸せを呼ぶ?青い蜂 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハゴロモ親子 | トップページ | 幸せを呼ぶ?青い蜂 »