« トゲナナフシ | トップページ | 透け透け翅 »

2009年8月 9日 (日)

コルリなのだ!

ほんの5m程の所の地面を地味な鳥がピョンピョンとやってきます。警戒心が薄いよういで、すぐ目の前まで来ました。一見地味に見えたこの鳥、良く見れば雨覆が淡い青色をしています。20090807koruri
最初はルリビタキの♂幼鳥かと思いましたが、何かちょっと違う。脚が長い!脚の長い青い鳥と言えば、コルリしかいません。そうコルリ♂幼鳥のようです。

ここでは青い成鳥しか見たことが無かったのですが、幼鳥は初めてです。この子はこの成鳥の息子かもしれませんね。
20090807koruri2黄色い花を咲かすダイコンソウの先の枯れ枝に止まってくれました。同じ個体と思われますが、光線の具合か、思ったよりも青く見えました。


山梨県
(2009.8.7)

« トゲナナフシ | トップページ | 透け透け翅 »

コメント

コルリの幼鳥愛らしい
雨覆いと腰あたりはもう青いのですね!

杉子さん こんにちは♪
青い鳥の幼鳥はいずれも独特の雰囲気があって好きです。他の青い鳥同様、尾羽や雨覆から青くなってくるようですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トゲナナフシ | トップページ | 透け透け翅 »