« トロピカル・バーディング | トップページ | コオロギノの季節 »

2009年10月 2日 (金)

アンデスのイワドリ

エクアドルを南北に貫くアンデス山系の西側(太平洋側)は、熱帯雲霧林となっており、多くの野鳥が生息しています。しかし、残念ながら広い地域が牧場等として開発され、急傾斜地などの一部が天然林として残るのみです。
20090924mindoここは、その中心地のミンドの景色で、比較的良く天然林が残っているようです。幹線道路の脇から覗いただけで、こんな幻想的な景色が見られます。

この熱帯雲霧林を代表する鳥がアンデスイワドリです。
20090923iwadori一度見たら忘れられない容貌の鳥です。日本の動物園などでも見ることができますが、ここではレックと呼ばれる踊り場で、多くのオスが集まり、ギャーギャーと賑やかにディスプレイをします。しかし、枝に隠れてなかなか全身が見えず、中途半端な写真になりました。

« トロピカル・バーディング | トップページ | コオロギノの季節 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トロピカル・バーディング | トップページ | コオロギノの季節 »