« 小枝の擬態 | トップページ | 真夏のキンクロ »

2010年8月25日 (水)

久々の三番瀬

あまりの暑さに遠ざかっていましたが、久々に三番瀬に行ってみました。
秋の渡りのシギチがチラホラ見られる中、コアジサシの大群が干潟の主でした。そのコアジサシの群の中を丹念に見ていくと、嘴も脚も真っ赤なアジサシを見つけました。
20100825beni
最初はアジサシの亜種アカアシアジサシかと思いましたが、尾端が翼端より長いことから、ベニアジサシのようです。アカアシアジサシよりも赤い色が鮮やかなようです。2羽いましたが、1羽は時々飛び立って、暫くして戻ってきます。魚はくわえて来ません。2羽はつがいかと思いましたが、どうでしょうか?

遥かに遠くて、昼も近い時間帯で陽炎も出て、なかなか綺麗には撮れません。干潟には多少風があって暑さは緩和されているようですが、陽射しが強く、早々に引き上げました。


三番瀬
(2010.8.25)

« 小枝の擬態 | トップページ | 真夏のキンクロ »

コメント

おはようございます。
昼から行ってました。
赤い足の子は気がつきませんでした。

kenさん こんにちは♪すれ違いでしたね!
コアジサシの大群の中から変わり者を探すのはスコープが無いと難しいですね。それに遠いのでデジスコでやっとでした。
でも、kenさんにかかれば、もっとクリアーに撮れていたかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小枝の擬態 | トップページ | 真夏のキンクロ »