« ボルネオの鳥(その3 海岸の鳥たち) | トップページ | ボルネオの鳥(番外編 動物園の鳥) »

2010年11月28日 (日)

ボルネオの鳥(その4 森林の鳥たち)

ボルネオの鳥の最後は森林の鳥たちです。

コタキナバルの東を南北に伸びるクロッカーレンジ山脈の峠超えで立ち寄ったレストラン近くの林にいたチャガシラガビチョウ
20101121chagasira
残念ながら、顔が枝に掛かってしまいました。餌台にも来る人なれし易い鳥とのことです。

同じ林にいた尾の長い鳥、その名もボルネオシラガオナガ。
20101121onaga
日本のオナガにも負けない長い尾ですが、色は地味です。頭頂部が白くなっており、白髪の名が付いています。

峠のレストランの軒下にツバメらしい鳥が巣を作っていました。
20101121shirohara
巣材は、サルオガセか何かでしょうか?

飛んでいる姿から、シロハラアナツバメのようです。
20101118shirohara
シロハラアナツバメは、ツバメに良く似ていますが、ツバメ科の鳥ではなく、アツバメ目アツバメ科(アナツバメ科では無い)アツバメ属の鳥です。洞窟などに営巣する種類が多いことからこの名が付いたとのことですが、シロハラアナツバメは普通のツバメと同じく人間のそばで暮しているようです。街中でも良く見かけました。

こちらは普通のツバメ
20101120tubame
ご存知の通り、日本など温帯地域に渡って繁殖をしますが、 この時期にはボルネオに戻って来ているようです。ボルネオから日本に渡るツバメをいるようです。もしかしたら、このツバメ達、日本から戻って来たばかりかもしれませんね。


コタキナバル郊外
(2010.11.20~22)

« ボルネオの鳥(その3 海岸の鳥たち) | トップページ | ボルネオの鳥(番外編 動物園の鳥) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ボルネオの鳥(その3 海岸の鳥たち) | トップページ | ボルネオの鳥(番外編 動物園の鳥) »