« ボルネオの植物 | トップページ | カルガモ雌雄 »

2012年2月28日 (火)

クロツラ島

福岡に行ってきました。ついでに鳥見も。
西区の今津干潟は、世界的な絶滅危惧種クロツラヘラサギの越冬地として有名です。
干潟奥にある葦の生えた小さな島が、満潮時の休憩地です。
20120228kurotura
白く見えるのがクロツラヘラサギで、アオサギが時折周りを飛び回るため、落ち着かないようです。手前の白黒のカモはツクシガモです。いずれも関東では珍鳥ですが、ここでは普通種です。クロツラヘラサギは、この島に10羽ほど、更に奥の島に8羽程いました。

この日は他に、カルガモ、マガモ、ヨシガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、コガモ、シマアジ、ウミアイサなどのカモ類、コサギ、チュウダイサギ、オオダイサギなどのサギ類、セグロカモメ、ウミネコ、ユリカモメ、ズグロカモメなどのカモメ類、バン、オオバン、ミサゴ、トビ、ヒバリ、ホオジロなどでした。

シマアジ(もちろんアジ科ではなくカモ科)は旅鳥で、春と秋に見られると思っていましたが、ここでは越冬しているようです。残念ながら、写真は撮り損ねました。



今津干潟
(2012.2.26)

« ボルネオの植物 | トップページ | カルガモ雌雄 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ボルネオの植物 | トップページ | カルガモ雌雄 »